ゆとりライフ。

ゆとりライフ。

ゆとり世代に生まれた美容・健康オタクのブログ

阪急うめだのイタリアフェアでパンナコッタ

11/6まで、阪急うめだで開催されていた「イタリアフェア2018」

イタリア好きとして、行かないわけにはいかない。

 

最終日の前日に行ってきました。

スポンサードリンク

 

阪急うめだ「イタリアフェア2018」

月曜日という平日にもかかわらず、多くの人で賑わっていました。

出店されている店舗には、本場イタリアからやってきた方もたくさん。

 

よし、一つずつ見て回ろうとした途端ダンディなイタリアおじさん登場。

目があうなり「Che bella!」(美しい)と言われ、手を握られる。笑

 

さすがイタリア人。

 

しかも、こっちも全然嫌な気がしない。

日本人のおじさんが、いきなり「お姉ちゃん、きれいだね〜」と言いながら手を握ってきたら大問題だろう。笑

 

勉強中のつたないイタリア語で勇気を出して、会話を試みる。

意外と通じて、相手の言っていることも分かってこちらもいい気分。

 

こんなことがありながら、今回イタリアフェアで購入したものは2つ。

 

マウロ・モランディンのパンナコッタ

f:id:bell415bell:20181107084559j:plain

 

一番のお目当てだったのが、このパンナコッタ。

マウロ・モランディンは、絶品パネトーネで有名なんだけど、今回イタリアフェアで限定でパンナコッタも販売。

隣でパネトーネも売っていました。

 

このパンナコッタ、なんと1つ701円。

すっごく小さいのに。

 

特別パンナコッタが好きなわけでもないんだけど、せっかくの機会だしということで。

 

売り切れていないか心配してたけど、余裕で並ばずに買えました。

 

超濃厚なパンナコッタ

f:id:bell415bell:20181107084655j:plain

イートインもできたけど、お家でゆっくり食べたかったのでテイクアウト。

 

一口食べて、「わっ濃厚!

パンナコッタってもっと軽い口当たりのイメージだったのに。

マウロ・モランディンのパンナコッタ、めちゃめちゃ濃厚でクリーミー

これが本当のパンナコッタなのかな?

 

小さいけど、1つ食べれば大満足。

ゆっくりちょっとずつ口に運んで味わいながらいただきました。

 

美味しかったけど、また買う機会があったとしても、もう買わない。笑

 

究極のフォカッチャ

 

f:id:bell415bell:20181107085159j:plain

もう1つ買ったのが「究極のフォカッチャ」というもの。

フォカッチャ自体、大好きだし究極とつくのなら買わないと。

 

これも1個、454円となかなか高め。

 

でもこういう催事になると、普段なら買わない値段にもお財布が緩むわたし。

f:id:bell415bell:20181107085306j:plain

f:id:bell415bell:20181107082036j:plain

お家に帰って、赤ワインと一緒に。

ふわふわでオリーブオイルの風味たっぷり。

 

でもね、究極さは感じなかったかな。

 

半分食べて、残りは翌日食べたけど全然パサついたりしてなくて美味しかったけど。

イタリアフェア2018のまとめ

生ハムやオリーブオイルなどの試食がたくさんあって、イタリア人の人も多くて雰囲気はすごく楽しめて、行ってよかった。

けど、買ったものについてはまぁまぁってところ。

 

でもやっぱり思うのが、イタリアが大好き。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。