ゆとりライフ。

ゆとりライフ。

ゆとり世代に生まれた美容・健康オタクのブログ

神戸名物ナダシンの餅で、おはぎ・あべ川・桜餅

神戸っ子が大好きな和菓子といえば、「ナダシンの餅」

甘さ控えめで小ぶりなおはぎが絶品。

小さい頃から食べ慣れた味は、久しぶるに食べると懐かしくてほっこり。

子供のころ、口いっぱいに頬張って食べた記憶も。

スポンサーリンク

 

神戸名物・ナダシンの餅

f:id:bell415bell:20180523103501j:image

神戸東灘区の十二間道路沿いにある「ナダシンの餅甲南店」

週末になると、行列ができて、夕方前に売り切れになる人気っぷり。

3世代にわたって愛されている和菓子店。

 

老若男女、みんなが大好きなお店、ナダシンの餅。

 

「今日はナダシン買うてきたでぇ〜」って言葉を聞くと飛び跳ねていた記憶が蘇る。

ナダシンの餅のあべ川・おはぎ・桜餅

f:id:bell415bell:20180523103442j:image

今日は、ナダシン名物のおはぎとあべ川と、桜餅。

どれも、1個単位から注文可能。

おはぎは、「粒あんこしあん」から選べるのも嬉しい。

 

手土産として持って行く時は、必ず粒あんこしあんを半々にしてもらうのが定番。

 

f:id:bell415bell:20180523103440j:image

一般的なサイズと比べると一回りほど小さいナダシンのおはぎ。

この小ぶりなサイズが、甘いものを少し食べたい時にちょうどいい。

 

好きな人は一気に2〜3個食べれちゃう大きさ。

 

甘さ控えめで上品な仕上がり。私は断然粒あん派。

 

あべ川は、とろ〜んと柔らかくモチモチ。

時間が経ってもこの柔らかさがキープできているのは、すごい。

きな粉の甘さも、おはぎ同様甘すぎず、ついつい何個も食べてしまう美味しさ。

 

桜餅は中はこしあん

塩漬けしたさくらの葉と一緒に食べると、甘じょっぱさが口の中に広がって最高です。 

ナダシンの餅の商品ラインアップ。

f:id:bell415bell:20180523103449j:imagef:id:bell415bell:20180523103453j:image

夏の季節限定で、わらび餅もありますよ。

これも、間違いない美味しさ。毎年必ず1回は食べてます。

 

和菓子だけでなく、ナダシンの赤飯も人気商品。

 

また、きな粉のソフトクリームなんてものも。これはまだ食べたことがないけど、美味しいんだろうな〜。

ナダシンの餅の商品が買える場所って?

西宮北口直結の阪急西宮1階や、三宮駅でも購入可能。

あとは、本店・甲南店・六甲店の3店舗。

神戸の名物なので、手土産にもおすすめ。

ナダシンのおはぎは、ずっと変わらない美味しさ

神戸の名物「ナダシンの餅」は地元神戸っ子から長年愛されるお店。

家族が集まる時や、ちょっとした手土産がいる時に、「あ、ナダシンにいこう」ってなる感じ。

 

ずっと変わらない美味しさを守り続けているナダシンの餅、これからもずっと神戸の地元民たちから愛される和菓子です。