ゆとりライフ。

ゆとりライフ。

ゆとり世代に生まれた美容・健康オタクのブログ

彼氏と同棲する時の注意点(イライラ・喧嘩)

大好きな彼氏とついに同棲スタート。

幸せな毎日がスタート。っていうのはもちろんなんだけど…

もちろん良いことばかりじゃないのは心のどこかで分かっているはず。

 

彼氏と同棲して嫌だったこと、イライラ、喧嘩した時などマイナスな点を考えてみた。

 

*同棲して良かった明るい記事はこっち↓(笑) 

bell415bell.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

 

彼氏と同棲するならここには注意しておこう

f:id:bell415bell:20180423154452j:plain

一人暮らしが長かった人、実家でのびのび生活してきた人にとって、彼氏との同棲ってワクワク幸せなのはもちろん「ん?こんなはずじゃなかったんだけど・・」こともあるのは当たり前。

 

経験談として、彼氏と同棲した時のデメリット?(というと聞こえが悪いけど。)的なことを紹介。

喧嘩した時の気まずさ・居場所に困る

部屋がいくつかあればいいけど、同棲中の喧嘩は居場所に困る。

いやでも、同じ空間にいないといけないわけでそれが嫌ならどちらかが外出するほかなし。

喧嘩は持ち越さずとことん話し合うカップルならいいけど、引きずってしまうタイプなら最悪。

 

一緒に住んでいなければお互い家に帰って、冷静になる時間を確保できるけど帰る場所が一緒だとそれができない。

 

腹が立ってる時は、普段は気にならないこともイライラしてくる負のループに陥ることも。(笑)

 

 

でも逆に考えたら、同棲してから喧嘩を持ち越さなくなったというカップルもあり。

 これから彼氏と同棲する人は、喧嘩した時に持ち越さない努力をおすすめ。

 

生活習慣の違いでイライラする。嫌なところが増える。

同棲あるあるネタの一つ。

「彼ってこんなにだらしない人だったっけ?」なんて思う人も多いはず。

同棲し始めると、今まで見えてなかった彼の生活習慣や自分との違いにイライラすることも。

「脱ぎっぱなし」「出しっぱなし」は、たまに家に泊まりに来る時なら許せても一緒に住んでいると我慢できない。

 

逆に、「こんなに細かいと思わなかった」っていうパターンも多数。

自分は気にならないところも、彼にとってはかなり気に触るなんてこともあったり。

 

生活習慣の違いで、彼の嫌なところが見えてくるっていうのは同棲で一番目の当たりにすること。

 

そこを快く受け入れるのか、完全に無理になってしまうかは自分次第。

 

経験談でいうと、思っていたより彼氏が潔癖性で掃除の細かさにイライラ。

おかげで、掃除上手になれました。笑

 

今まで知らなかった互い性格・癖がよくも悪くも分かってくるのが同棲。

スポンサーリンク

 

1人の時間が恋しくなる

同棲するまでは、「好きな人とず〜っと一緒にいれるなんて最高」って思ってたけど。

数ヶ月も経てば「一人の時間が欲しい・・」って思う。

女性は、ワガママな生き物です。

 

だれにも邪魔されず好きな時間に起きて、だらだら過ごす休日が恋しくなる!

 

同棲してから1人の時間を確保するためには、彼が帰ってこない時間を利用するか自分が外出するしかない。

 

とくに1人の時間に重きを置いている人にとっては、確保できなくなると生活バランス崩壊。

 

解決策としては、

  • 休みを被らせない。
  • 仕事後などにカフェなどで1人の時間を確保。

いかに、彼に嫌な思いをさせないで自分の時間も大切にするかが仲良くやるコツ。

 

家事の分担はしっかりしておくべき。

「食べたら食べっぱなし、家事はすべて私任せ」ってなると同棲しなけりゃ良かった〜って。

 

お互い仕事をしているなら、なおさら家事の分担はしておくべき。

 

料理から洗濯まですべて1人でこなすのは、負担が大きすぎる。

ちゃんと話し合って決めておかないと、「やってもらって当たり前」状態に。

 

家事は女性がやるもの。なんて思える人ならいいけど、ず〜っと自分だけがやっているといつか我慢の限界がきて爆発しちゃうかも。

 

同棲を上手く続けるためには、溜め込むのは禁物。

ストレスがたまる前にしっかりと話し合うことが大切。

同棲をうまく続けるコツは?

大好きな恋人との同棲は、幸せな毎日の中にも必ず問題も起こりうることは頭に入れておくべき。

 

同棲を上手く続けるコツは、彼氏への思いやり・感謝の気持ちを忘れないこと。

我慢しすぎない、ストレスを溜め込まないことが大切。

 

以上、体験談から考えた同棲する時の注意点でした。


bell415bell.hatenablog.com