ゆとりライフ。

ゆとりライフ。

ゆとり世代に生まれた美容・健康オタクのブログ

彼氏と同棲をはじめる人へ、良かったこと。

彼氏との同棲って憧れる人も多いはず。

一緒に暮らせるってラブラブなカップからしたら超幸せなこと。

 

もちろん、同棲することによって嫌なことが見えたり価値観の違いを感じることもあるけれど…

 

bell415bell.hatenablog.com

 

でも、やっぱり好きな人と一緒に暮らせるって幸せ。

 

この記事では、「彼氏と同棲してよかったこと」について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

彼氏と同棲してよかったこと。 

f:id:bell415bell:20180423154851j:plain

彼氏と同棲経験ありな私が、「よかった」って思うこと。

考えると、結構たくさんありました。

 

(もちろん良いことづくめではない。笑)

楽しい時間が増えた。

THE・定番なことだけど、本当にこれが同棲して良かったことの1つ。

何気ないことも共有できる環境は、一人の時よりも充実。

テレビを見ていても、面白いね〜って共感してくれる相手が横にいるだけで楽しい時間に。

 

同棲してから、一人よりも二人でする方が楽しいことってたくさんあることに気づきました。

 寂しさが埋まる。

特に実家を離れて一人暮らしをしていたら、寂しいと感じる時間がたまにある。

1人の食事よりも、やっぱり好きな人と食べる方が何倍も美味しくなるし。

 

仕事で嫌なことがあったり、落ち込んだ時にもそばにいてくれるだけで心強かったり。

お互いのことを、もっと知れる。

当たり前のことだけど。

一緒にいる時間が長くなるぶん、今まで気づかなかった相手の部分を知ることができるのも同棲のいいところ。

 

 

「彼ってこんな一面もあるんだ」って新しい発見がたくさん出てくる。

 

また電話じゃなくて、直接話す時間が多くなっていけばお互いを理解し合う気持ちも芽生えたり。

 

デートでの会話は、場所や時間で制限されることでも同じ屋根の下なら何も気にせず思う存分話すことができるのは同棲のいいところ。

 

 

レストランで食事をしながらでは、中々話さないようなことでもお家で二人きりでまったりしながらだと話が進むこともあるし。

 

こういう時間が作り出せるのは、本当に良かったなって思える。 

節約にもなる場合がある。

これは、ケースバイケースだけど。

一人暮らしから同棲をはじめた場合は特に、家賃や光熱費も安く済むんじゃないかな。

また彼氏の方が、多めに出してくれるケースだったらなおさら。笑

 

また一緒に住むことで、彼のお金への価値観や使い方もしっかり見ることができて、将来のことを考えるポイントにもなる。

(これで、やばいと思ったら解決しないとダメだけど。)

 人肌が恋しい時、いつもそばにある。

当たり前だけど、同棲したら毎日一緒に寝れる。

だから人肌が恋しい時に寂しい思いをしなくて済む。

さらに、お惚気全開系でいったら「毎朝、彼の寝顔を眺めれる」なんてことも同棲してよかったことになるのでは?

まとめ 好きな人と一緒に住むのはいいこと。 

ってことで、彼氏と同棲をはじめる人に言いたいのは「同棲って中々いいもの」ってこと。

もちろん、良いことばかりではないけど二人の距離が縮まるのは間違い無し。

将来結婚なんか考えているのなら、同棲は絶対するべきだと思う。

 

だれかと共同生活を送るのは、大変なこともあるけど、それを上回る良いことの方が多いはず。

 

大切なのは、常に相手の気持ちを思いやる心を忘れない。初心を忘れない。

この2つさえ、しっかりと意識していれば彼氏との関係を良好に保つことができると思います。