ゆとりライフ。

ゆとりライフ。

ゆとり世代に生まれた美容・健康オタクのブログ

ブロッコリーのジェノベーゼパスタ(ベジタリアン仕様)

栄養価が高いブロッコリーをたっぷり使った、ベジタリアン仕様のパスタを作りました。

(*ベジタリアンではありません。)

 

出来立てはもちろん、冷めても美味しいヘルシーなパスタ。

 

ジェノベーゼソースを使って簡単にできるおすすめレシピ。 

スポンサーリンク

 

ブロッコリージェノベーゼパスタ

f:id:bell415bell:20180315093629j:image

 すっごく緑、グリーンカラーのベジタリアン仕様のパスタ。

 

作り方

  1. ショートパスタを表記通りに茹でる。
  2. ブロッコリーを細かく刻む。
  3. フライパンにバターとにんにくを入れて香りが出るまで熱する。
  4. ブロッコリーを加えてしんなりするまで炒める。
  5. 茹で上がったパスタとジェノベーゼソース(市販)を加えて和える。

とっても簡単。

使うパスタはソースが絡みやすいフジッリがおすすめ。

ALCE NERO(アルチェネロ)有機フジッリ 250g

ALCE NERO(アルチェネロ)有機フジッリ 250g

 

アルチェネロの有機フジッリが大好き。オーガニックなところがポイント。

 

 今回使ったジェノベーゼソース。

地中海フーズ バジルペースト 180g

地中海フーズ バジルペースト 180g

 

  原材料がシンプルなところがお気に入り。

油は、オリーブオイルのみ使用なところが◎。

パスタ以外にも、茹でたジャガイモにつけるのが美味しい。

 

スポンサーリンク

 

パスタを食べる時はたんぱく質をプラス。

f:id:bell415bell:20180315185944j:image

バランスのとれた食事に、たんぱく質は欠かせない。

パスタだけだと、たんぱく質が足りないので目玉焼きをプラス。

 

 

どうでもいいことだけど、卵はいかりスーパーのものを愛用。

高くないのに、黄身の味が濃くて本当に美味しい。もう他の卵買えない。

 

お近くにいかりスーパーがある方は是非買ってみてほしい。

 

ダイエット中のパスタは50gで具沢山にする。

f:id:bell415bell:20180315185957j:image

 パスタを作るときは、いつも計量してから茹でるように。

 

一般的には1人前80〜100g。

でもダイエット中やカロリーを抑えたい時は、50gに。

 

こうすることで、カロリーも糖質も抑えれる。

その分、具材を増やしてたんぱく質や野菜をたくさん摂るように工夫。

またサイドメニューとして、目玉焼きを追加したりしてボリュームを出しています。

 

*私の場合、一度に多量の糖質を摂ると胃が重たくなるって理由もあります。

 

デスクワークが多い人や、普段の運動レベルが低い人は糖質の摂りすぎは太る原因に。

お家でパスタを作る時は、気持ち量を減らすだけでもダイエットに効果的です。

 

まとめ

ブロッコリーをたっぷり使ったベジタリアンパスタは、簡単で美味しくておすすめ。

ジェノベーゼソースは、パスタ以外に魚や鶏肉のソースに使えるので便利。

常にお家にストックしてる調味料。

 

ヘルシーで美味しいパスタを食べたい時に、ぜひ作ってみてください。