ゆとりライフ。

ゆとりライフ。

ゆとり世代に生まれた美容・健康オタクのブログ

イタリア人男性の特徴・魅力って?

イタリア人男性の特徴と魅力を考える

イタリア好きな私が語りたい、イタリア人男性の魅力。

 

「ごめんなさい」

 

日本の男性の方々には、先に謝っておきましょう。

かなりイタリアの男性贔屓な記事なので。

 

ってことで、イタリア人男性の特徴と魅力について。

・女性に優しい

・男前が多い

・料理上手

・褒める、喜ばせるのが上手

 

イタリア人男性とのデートは、常にお姫様気分を味わえます。

スポンサーリンク

 

イタリア人男性の特徴①女性に優しい

イタリア人の男性は、レディーファースト。とにかく女性に優しい印象。

裏を返せば女好きだと言われてしまうけど…

恋人だけじゃなくて、母親、姉妹、友達みんなに優しい。

 

レディーファーストが素晴らしいんです。

ドアを開けてくれるのはもちろん、レストランでは女性が座るまで座らなかったり、ワインを注ぐのは絶対に男性。

(逆に気を使って女性が注ぐのは、マナー違反になりかねない。)

 

日本なら、女性が気配りをしてやるようなことを海外に出れば真逆ってことがしばしば。

 

レディーファーストに慣れていなかった私は、初めてのこの体験に終始ウットリ。

 

 

イタリアの男性デートすれば、自然な気遣い気配りに終始キュンキュンしちゃうことがあるはず。

体験エピソード

 イタリアでのある朝。コーヒーを買いにバールへ。

2つのコーヒーをテイクアウトし、店から出ようと思ったときのこと。

カウンター奥で朝食をとっていた男性は、まだ済んでいないのにドアの方へ。

どうしてだろうと思いながら私もドアの方へお店を出ようと思うと、『両手にコーヒー持ってたら開けられないでしょ』と彼はわたしに一言。

 

これこそ「スマートな優しさ」ってやつですよね。

こんなさりげない自然な気遣いができる男性がイタリアにはたくさん。

そりゃ、イタリア人男性が外国人女性からモテるはず。

 

日本で同じ状況だったとしても、こんなことには中々ならないだろう。

 

 

 

日本人女性とイタリア人男性の組み合わせの国際結婚やカップルは聞くけど、逆ってあんまり聞いたことない気がする。

 

気が利かない、レディーファーストができない男性はイタリア人女性からはモテないのでしょう。

 

レディーファーストに関しては、欧米諸国じゃ当たり前。

イタリア人だけでなく他のヨーロッパ圏やアメリカなど西洋の文化を持った男性は基本的にレディーファーストな気がする。

(あくまでも統計的に。)

逆に言えば、日本・中国はレディーファーストから遠い感じ。

(お隣の国、韓国の男性はレディーファースト文化が強い気がするけど。)

実際に、日本だと女性がドアを開けて男性を通すって方が多いような。

 

私なりに考えるレディーファーストといえば、

  • ドアを開けて先に通してくれる
  • 電車やバスなどで隣に男性がいると「先にどうぞ」と通してくれる
  • 外食中は、料理のとりわけ、ワインを注ぐのは男性の役割
  • エスカレーターでは必ず男性が後ろに立つ

こんな感じです。

3つ目の食事中については、日本では逆。

女性がお酒を注ぎ、料理を取り分ける役割になる。

そんな気配り目配りができる女性こそが「できた女性=モテる女性」って位置付け。

逆にできなければ、「気が利かないな〜」なんて思われそう。

(よく「合コンでモテるためのポイント!」で「注文を聞く」「大皿料理を取り分ける」とかあるしね。)

 

でもここで注意。レディーファーストがある国では同じことをしてしまうのは逆にマイナス。

女性が男性にお酒を注いだり、料理を取り分けるのはマナー違反になることも。

 

イタリア人男性の特徴②料理ができる

イタリア人はみんな「食べることが大好き」

そして食事の時間をとても大切にする文化が強いお国柄。

イタリアではどこの家庭も「マンマのご飯が一番」です。

(特に男性はみんな口を揃えて言います。そしてイタリア人男性はマザコンとしても有名ですよね。)

そんな食事に対する文化が強いイタリアでは料理ができる男性が多い。

休日は、彼氏や旦那さんが料理を振る舞うなんてケースもよく聞きます。

 

日本では「卵も割れない」なんて男性が結構いるけど、イタリアでは中々見かけない。

 

実際にイタリア人男性の手料理をいただいたときのレベルの高さにびっくり。

もちろんイタリアの素材がいいというのもあるんだけど。

こんな美味しいパスタがレストランじゃなくてお家で食べれるなんて〜!って感動でした。

やっぱり料理ができる男性って素敵。

それも手際よくパパッと作ってくれるからまたカッコイイ。

 

もちろんイタリアでも料理ができない男性もいるだろうけど、「料理が好き、食べるのも好き」という人の方が圧倒的に多いのが印象的。

 

料理はしなくても「食べるのが好きな人」は共通。笑

男性も女性もイタリア人は食べることが大好きな人ばかり。

その分、『食べ物に対するこだわりが強い』のも特徴。

 

食事の時間を大切にするイタリア人にとって、『食事の時間=お腹を満たす時間』だけじゃない。

『食事の時間=大切な人たちと楽しみながら過ごす時間』です。

なので「家族揃っているのに、各々テレビを見ながら会話なしの食事」なんてことはありえない。

日本じゃ結構あることだけど。これは見習いたいところ。

ちゃんとお家での食事の時にもテーブルセッティングをしていただきます。

テレビなんかつけずにゆっくりと一つの食事をみんなで分け合い会話しながら楽しむのがイタリア流の食事。

食べるということは、彼らにとっては「空腹を満たすこと」以上に「好きな人との時間を楽しむこと」に重きを置いているように感じます。

 

もちろん毎食、ゆっくり時間をかけるのは難しい。

けど、ランチ、またはディナーなど1日の中で1食はゆっくりと味わいながら美味しい料理を楽しむ時間をとるのがイタリアスタイル。

 

なので、実際にイタリア人との食事ってすごい長い。

ランチで3時間なんて結構普通。

平日は各々仕事や学校などで忙しい家族でも、週末にはマンマの手作り絶品料理で食事をみんなで楽しむという家庭も多いんです。

(そのときのワインの量ときたらかなりびっくり。笑)

 

スポンサーリンク

 

イタリア人男性の特徴③とにかくオシャレ

イタリア=おしゃれというイメージを持っている人も少なくないはず。

初めてイタリアに行った時は、もう衝撃的でした。

動くファッション雑誌的な感じ。

 

 

そんなオシャレな人が多いイタリアでは、男性もしっかり身だしなみに気を使うのがマナー。

 

レストランに行く時はビシっとジャケットを羽織って決めるのは当たり前。

カッコイイ人が多いから、またそれが様になっちゃう。

 

服装だけでなく、ヘアセットやヒゲのお手入れも念入りな彼ら。

週に1度は美容院で髪の毛を整えるなんて男性も。

 

 

びっくりしたのは、デニムにもアイロンかける人が結構いること。

「しわくちゃのデニムなんか履けないよ」って。

 

たしかに街を歩いていてもしわしわのシャツを着ている人ってあんまり見ない気が。

 

デートの時にバシッと決めてきてくれる彼がいたら、こっちもオシャレしなきゃって美意識も上がります。

 

これは若くても年をとっても同じ。

街中には素敵なカップルがたくさん歩いていて絵になるイタリアです。

 

イタリア人男性の特徴④きれい好き・掃除好き

これ結構意外だと思うんですけど、イタリア人の男性って「掃除が好き」な人が多い。

家の中とかすごくきれいだし、掃除となると自ら進んで楽しみながらする人が多い。

日本だと、家の掃除・洗い物などの家事全般は女性の役割になりがち。

(もちろん協力的な男性もいるのは知ってる!)

 

でも、イタリアでは「一緒に分け合ってしよう」という感覚。

 

もちろん自分の体に関してもきれい好き。

朝晩シャワーを浴びる、ヒゲのお手入れ、体のケアについてはかなり念入りな印象。

他の外国人男性と比べても、イタリア人はずば抜けてきれい好きな気がする。

(冬だったら二日に1回しかシャワーしない。って話を聞いたことがある。)

 

世界中では、日本が一番きれい好きだと思っていたけどイタリアの人たちも負けないくらい、きれい好きな人が多いんですね。

イタリア人男性の特徴⑤かっこいい人多すぎ!

もうこれは完全に私の独断。

イタリア人男性って本当に男前な人が多い。

あの彫りの深さや、くっきり二重の目、きれいな色をした瞳。

 

おしゃれで、レディーファーストで、料理ができるイタリア人男性。

 

イタリア旅行は目の保養にもなってしまいます。 

まとめ

以上、完全に個人の独断でみた「イタリア人男性の魅力」についてまとめてみました。

イタリアは人・街・食すべてが素敵なお国。

これからも私のイタリア贔屓は続きます。

 

bell415bell.hatenablog.com