ゆとりライフ。

ゆとりライフ。

ゆとり世代に生まれた美容・健康オタクのブログ

イタリア人彼氏の特徴・いいところ

今日は国際恋愛にまつわる恋愛ネタ。

イタリア人の男性は、「世界一、女性を褒めるのが上手」と勝手に思っている私。

日本人男性は絶対に言ってくれないような甘〜い言葉やスマートなレディーファースト。

これには、日本人女性がコロッといっちゃうのも納得。(コロッといっちゃいました。笑)

実体験も交えた『イタリア人男性の特徴』について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

イタリア人男性の特徴って?

⒈とにかく女性を褒めるのが上手

褒められるのが嫌いな人ってそういないはず。少なくとも私は褒められて悪い気はしないし、むしろ嬉しい。

そんな褒めることがとっても上手なのがイタリア人の男性。

特に好きな女性・彼女に対してはこれでもかってくらい全力で褒めちぎってくれます。

気分はまるで女王様。

(「彼女は僕にとってクイーンのような存在だから」ってイタリア人の友達も言ってたな〜)

褒める言葉もいちいち素敵で、そんな褒め方できる?と思ってしまうくらい変化球の褒め言葉を投げかけたりもしてくれたり。

だからいつも同じような言葉で、ご機嫌取りのように言ってるんじゃないってことが伝わってくるんです。

「今日もきれいだね」「君の目が好きだ」「今日の服はすごく似合ってるよ」とか日本人だと臭くて言えないような言葉も、さらっと言ってくれます。

一度これを経験してしまうと、愛情表現が少ない日本人男性と付き合って物足りなさを感じてしまいそう。

よく国際恋愛を経験した日本人女性が「日本の男性とはもう付き合えない」って言うの分からないこともありません。

 

<体験談>遠距離恋愛中だった彼とFaceTimeで電話をしている時「◯◯(私)のきれいな目が見れたら疲れも吹っ飛んじゃった。」って。

いや、そんなこと言われたら私の疲れが吹っ飛びます。笑

 

「女性は褒められると褒められるほど綺麗になる」って聞くけど、これ本当!

(かわいいね、綺麗ねと言われることが多いほど自分の美意識が上がります。)

 

余談になるけど、海外に出ると男性が女性を褒めることが多いなと感じます。

恋人同士じゃなく友達や知り合いとか誰に対しても「You're so beautiful!」とか「You are pretty」って普通に言ってくれます。

これって、日本じゃなかなか無いことですよね。

⒉ハグ・キスは毎日欠かさない

とにかく恋人同士のスキンシップが多い。

家にいてテレビを見ている間も、ピタッと密着。

外に出かける時に手をつなぐのは当たり前。

目覚めのキス、家の中でもすれ違うとキス、いってらっしゃいのキス、帰ってきたらキス、寝る前のキス。目が合えばキス。

とにかくいつでもキス・ハグ・キスって感じ。笑

どちらかが外出、もしくは帰ってきた時のハグは絶対。

これは、恋人同士だけじゃなくて友達とか家族にも。

日本にはないハグの文化、私は大切な人との距離が近く感じて好き。

⒊相手の目をしっかり見る

これはイタリア人男性の特徴ってこともないかもしれない。

けど、とにかく彼らは相手の目をしっかり見て話します。

テレビの画面を見つめながら「うんうん」と相槌を打つような会話はありえない。

食事中にテレビを見ながらっていうのがまず無い。(イタリア人は食事の時間を大切にします。)

また、話を流すこともしない。

例えばどうでもいいようなことが言葉の壁で通じなくて、私が「ま、いいや。」ってなった時。

違う話をしようとすると「だめだめ、なんて言ったの?」「何を伝えようとしたの?」と最後まで私が言いたかったことを理解しようとしてくれます。

国際恋愛の場合、母国語が違って意思疎通が日本人同士より難しい時が多々。

そんな時、大して重要な話じゃない時とかは、面倒臭くなって話を流しがちになっちゃうんだけど、彼は絶対に理解するまで終わらせない。

これもしっかりと相手の気持ちを理解しようとする一つの大きな愛情だと感じました。

⒋家族を大切にする(マザコンじゃないよ。)

イタリア人(とくに南の方出身の人)は、家族の絆がとっても強い。

家族と離れて暮らしてた彼は、最低一週間に1度は電話。(時差があって真夜中になっても絶対。)

それも2〜3時間は当たり前。

日本だと、マザコンと捉えられてしまいそう。(そんなことないのに。)

 

日本人は成人して実家をでると電話も月に数回とか、帰るのも御正月とお盆だけとか。

そりゃ家を出てろくに帰らず電話もせずコミュニケーション不足になってると「オレオレ詐欺」に引っかかる老人が増えるはず。

イタリアだと「オレオレ詐欺」なんて絶対引っかからないんだろうな〜って。

頻繁に家族のコミュニケーションが取れているから、他人を自分の息子と勘違いするなんてありえない。

 

⒌家族を褒める 

「僕のマンマは世界一の料理を作る最高の女性だ」これは彼が私に言った言葉。

日本人じゃなかなか言わないセリフじゃない?

イタリア人男性は、彼女はもちろん母親や祖母のことも褒めるのが普通。

「僕の母はとっても美しい人なんだ」って私に言った時は、「あ〜何て素敵な息子なんだ」って思っちゃった(笑)

 

日本の男性は、たとえ思っていたとしても口に出して言える人は少ないと思う。

(ましてや第三者に母親のことを褒めるようなことを言ったらそれこそマザコン扱いされかねない。)

⒍料理が上手・食べ物への情熱が強い

イタリア人の男性ってお料理ができる人が多い。しかもかなり上手。

パスタから肉料理、魚料理と手際よく作ってくれて、私の出る幕ない感じでした。

 

また彼らは食べ物への情熱が半端ない。

チーズや生ハムを選ぶ時、ワインを選ぶ時、彼らかなり真剣です。

食べ物のことを話し出したら止まらないし、食事をとにかく大切にしています。

 

食事の時間は、お腹をいっぱいにするだけじゃなくて食べる人との会話も重要。

ゆっくりと味わいながら大切な人との食事を楽しむのがイタリア流。

 

まとめ イタリア人男性は素敵です。

褒めるのが上手でレディーファースト、料理は出来るし女性に優しい。

お姫様気分を味わわせてくれるイタリア人男性。

 

もちろん、イタリア人男性すべてがそうだとは限りません。

また今回はいいことばかり書きましたが、イタリア人男性はかなり嫉妬深い人が多い気がします。

 

とはいえ、イタリア人男性は素敵な人が多いなというのが私の印象でした。

 

 

※この記事は、完全独断の個人的見解ということをご理解ください。

※日本人の男性の方、お気を悪くしてしまったら申し訳ありません。