ゆとりライフ。

ゆとりライフ。

ゆとり世代に生まれた美容・健康オタクのブログ

美肌になるための食事|朝食編

これぞ、最強の美容食!な朝ごはんは、アボカドと卵。

美味しいだけじゃダメ、きちんと栄養も摂りたい。

そんな欲張りな願いを叶えてくれる朝食メニュー。

 

スポンサードリンク

 

美肌に効く朝食

f:id:bell415bell:20180530114419j:plain

わたしの定番朝食メニュー。

  • 全粒粉100%のパン
  • アボカド1/2
  • 目玉焼き

美味しく食べながら、美肌に効く素晴らしいメニュー。

腹持ちもよくて、簡単に出来るから忙しい朝にもおすすめ。

(目玉焼きをゆで卵にすれば、もっと簡単で時短に。)

アボカドは美肌・むくみ・便秘に効く

ほぼ、女性の悩み解決(笑)

 

アボカドにはビタミンEがたっぷり。

ビタミンEには、抗酸化作用があって肌の老化を遅らせてくれます。

シワ・シワ・たるみの予防とアンチエイジング効果に。

***

ビタミンEは、アーモンドの方がたっぷりと含まれています。

美肌効果を狙うならは、間食にアーモンドを食べるのもおすすめ。

 

次にむくみ。

アボカドには、カリウムも多く含まれていて体内にある余分な水分を排出してくれる作用があります。

むくみの原因は、体内に滞っている水分。

カリウムをとることで、むくみもすっきり解消。

***

あとは、しっかりとお水を飲むことも大切。

他にも無塩ピスタチオやココアもカリウムを多く含んでいるのでおすすめ。

 

▼このピスタチオ、美味しくておすすめ▼ 

共立食品 素焼き ピスタチオ チャック付 75g×10袋
 

 

便秘にも効果ありなアボカド。

その理由は、食物繊維と良質な脂質のおかげ。

食物繊維が便秘に効くのは、もう知っているはず。

さらにアボカドには脂質がたっぷり。この油も便秘に効くポイント。

食物繊維で、便のかさを増やし油がスムーズに排出してくれる役目に。

 

アボカドはカロリーが高いので注意

いいことずくめのアボカドも、食べ過ぎは禁物。

脂質の割合が多い分、カロリーも高め。

適量は1日半分。

丸々1つ食べると、約300kcalとケーキ1個分くらいになるので注意。

 

卵の良質なタンパク質で肌にツヤとハリを。

卵は、1つで約6gのタンパク質がとれます。

タンパク質は、美容・健康・ダイエットすべてにおいて必要不可欠。

また卵は完全栄養食品といわれるくらい栄養バランスが抜群。

人間の体内では作られない必須アミノ酸が摂れるところも卵の魅力。

 

 

ダイエット中のパンは全粒粉・ライ麦のものを。

白い食パンよりも、茶色いパンを。

全粒粉やライ麦には、ミネラルや食物繊維などの栄養が残ったまま。

逆に白いパンには、ほぼなし。

なるべくパンは茶色いもの、そして砂糖不使用のものがおすすめ。

 

 

わたしのおすすめは、ドイツのメステマッハーという会社のライ麦パン。 

 食物繊維が豊富に含まれていて、酸味があるのが特徴。

1枚でも、ずっしりとしていて食べ応えがあり腹持ちも抜群。

 

ハムやチーズと一緒に食べるのがドイツ流。

このライ麦パンは便秘の人にもおすすめ

「これを食べだしてから便秘が治った!」という口コミがネットでもたくさん。

 

 輸入食材を扱うお店などでもたまに売られていることがあるのでチェックしてみてね。

(家の近くのイオンにも売っていました。)

 

全粒粉100%のパンは近くのパン屋さんで買うことが多いけど、アマゾンや楽天で通信販売しているお店もありました。

 

 パン工房ポッポのパンは、一度食べてみたことがあるけど美味しくておすすめ。

近くで中々買えないという人は、ぜひ。

美肌になるためには、食事が基本。

食べるものが美肌を作る。だからこそ、朝食にはいいものを。

タンパク質と良質な脂質を補うために、アボカドと卵の朝食をおすすめします。